2011年08月01日

「双子の星プロジェクト」始動!

震災から5ヶ月近く。震災発生のニュースを滋賀県栗東市の栗東芸術文化会館さきらでさきらボランティアコミュニティのみなさんとの企画を行っている最中に知り、電車と自転車を乗り継いで仙台まで戻った仙台在住の現代アーティスト門脇篤が、再び滋賀・栗東でさきらボラコミと企画を再スタートさせます!
題して「双子の星プロジェクト」。その概要は…

*****************

双子の星スクリーン.jpg

さきらボランティアコミュニティ×門脇篤
「双子の星プロジェクト」


2011年8月4日(木)
栗東芸術文化会館さきら展示室

どんな企画なの?
双子の星の物語をあしらったオリジナルデザインのTシャツを買うと、あなたが買ったのと同じ色のもう1枚が被災された方に届けられます。
栗東で昨年から面白いことをやっていこうと通って来ている仙台在住の現代アーティスト・門脇篤を通して、さきらボラコミが滋賀・栗東と東北の被災地とを静かに結ぶ試みです。

だれにどう届くの?
これからアーティスト・門脇篤が仙台の仮設住宅を中心に入っていく出会いの中で見つけていきます。このため少々お時間をいただくかもしれません。
Tシャツととともにあなたからのメッセージをお届けいたします。またその状況をご報告いたします。

どうやって参加するの?
好きな色のTシャツをお買い求めいただき、メッセージカードにメッセージとあなたの連絡先をご記入ください。
あなたの連絡先は
@Tシャツをプレゼントする相手に教えてもよい
Aさきらボラコミと門脇篤が管理し、Tシャツを受け取った相手からあなたにメッセージがあるときにはボラコミ・門脇経由でお伝えする
の2つからお選びください。
お預かりした連絡先は、Tシャツをプレゼントしたご報告と、上記Aの場合にのみ使用し、これ以外には使用いたしません。

ネットにもアップ
Tシャツを着たあなたのお写真をボラコミのウェブサイトにアップいたします。Tシャツを被災された方にプレゼントし、「双子の星」が完成した折にはペアで写真を掲載いたします。

双子の星の物語って?
宮沢賢治に「双子の星」という物語があります。ひとが厳しい状況におかれたのを見て助けた双子が、自身も厳しい状況におかれた時に助けられるという、2つのエピソードが対になった物語です。

プロジェクトについてのお問合せ
門脇篤 070-5621-2301 info@kadowakiart.com

posted by 門脇篤 at 00:43| 滋賀 ☁| Comment(0) | 双子の星プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。