2011年01月09日

ボラコミ反省会で出たエピソード

昨日行われた「さきらウィンターワンダーランド2010」の反省会でメンバーから出たエピソードや感想を送っていただきました。
以下、ご紹介いたします!


*************


昨日の反省会で出たエピソード・感想です。

<Kさん>

・お客さんは作る気まんまんで来られているので、(ダンボールでおうちをつくろうの)WSにまたされ感を感じられているようだった。

(WS中にお客さんの出入りが結構あった)

・WSで高いおうちは後ろに、灯りを入れないあうちは道路よりに、というような話をしたことで、「家をつくる」だけの意識から、町全体をイメージ出来るきっかけとなった。

・あかりを入れる入れないという事がどういうことかお客さんにはあまりどういうことかわかっていない感じで、話のもっていきようが難しかった。

・自分のできたおうちの中に入ってよく見てもらえることはうれしい事のようですが、壊れていくのをみるのはとてもつらいとこだと思う。

・「おうちをつくろう」は数人で参加できるWS、作ったものを人に見てもらえる、その日だけの作品、あの場だから(まちとして)生きている、事が魅力でリピーターが多いのではないか。

・今年おうちを買えなかったひとが、「何時から並んでましたか?」とか、今年1番の人は、「昨年は最後の方でいい区画が取れなかったので子どもに並んできて!!といわれました」とか次の年がすでにはじまっている。

・WSの挙手ではリピーターはおおよそ6割。

・3時間で出来る事をすべてしたいという意気込みで終わったあとは、精魂尽き果てている感じ。

・大道芸が始まった時間が丁度、おおかた方向性が決まった時ぐらいでした。お天気もよく、一息いれてちょっとなんか食べながらみんなでテレビをみている感じで大道芸を見ている雰囲気がとてもよかった。

・お客さんからもよく聞かれた言葉ですが、「大工の腕が、年々あがっている!!」はじめ参加の人も見ながら作るのではじめてのスタートもあがっている。

・WSでロールプレイングについてストーリーを少し話したこともあって点灯式もたくさんの人が参加してくれた。点灯まえに「おー!!」とみんなで掛け声を出してくれたりと、今年はじめてのWSやロールプレイングで一体感がすごかった。



<Iさん>

・参加者は熱心に作っていたが、人が少なくさみしかった。

・ロールプレイングでの人の動き、大移動がすごかった。



<Kさん>

・ランタンのパレード担当で一緒にあるいている時に小学生の男の子が隣の子に「いつもの町がランタンをもって歩いていると違ってみえるね」と話していた。

・灯が消えないように大事そうに歩く姿が印象的

・首からさげる参加証は火を扱う時に危険を感じたので服のなかに入れるように案内したが、子どもたちはそれがチケットか何かのようにそれを持っている事を伝えようとしていた。

・作っている時には灯りがはいって夜持って歩いて感じが想像出来てないだろうな。



<Sさん>

・おはなしCaféは常に入れ替わり立ち替わりでお客さんがいた。のべ616名。



<Mさん>

・長時間であったが、こどもがよくきいていた。年齢も低いな〜と思っていたが、進めやすかった。

・幼〜小学低が多かった。赤ちゃんからおじいちゃん、おばあちゃんまで色んな人がきていた。

・えほんコーナーで絵本だけを楽しんでいた人もいた。



<Yさん>

・絵本コーナーは場の感じと照明などから屋根裏部屋のような感じがぴったりで、ビーカフェからもってきた木のちいさないすがとてもよく会いいい雰囲気がでていた。

・絵本コーナーでは、お父さんの姿がよくみられた。

・お話にでてくるキャラクターたちの看板を作ったりしたが、あれだけのものがよくできたと思う。

・会場の外のこえ・音も少し聞こえていたが、問題になるほどではなく、奥という場所がよかった。

・同じ人が何回もきてくれていた。

・おはなしは、グループごとに個性がありあもしろかった。

・イベント全体がわかりやすい掲示物があればいいと思う。



<Nさん>

・予定キャンドルを全部並べても、少ない感じがしていた。結局追加で並べよるのようになった。

・3Dキャンドルがお客さんを奥まで呼び込むのにとてもよかった。演劇関係のお手伝いにきてくれていた子たちの呼び込みがよかった。

・「スタードームの中に入っていいんだ」とのおきゃくさんの声をきいた。

・点灯時に、一般のお客さんに声をかけたら、「参加申し込みをしてないから・・」というお客さんがいた。

・「うさぎはどこにいますか?」♡型に並べたキャンドルがあったが、子どもたちはそういう事に関心が高く、探したりするたのしみもあり形に並べるのも楽しいと思った。

・スタッフ間での情報の共有ができていない。

・アーティストビレッジのパフォーマンスの人と共有できてないのではないかと心配になった。  



<Tさん>

・インカムがないと今どうなっているのかどういうときなのか状況が全くわからなかった。



<Tさん>

・当日17時ごろに20分間ほどのぞいた感想です。みんなそれぞれにWSなどがんばってやってる感じで、楽しい雰囲気は感じられなかった。

唯一、おはなしCaféが開けている感じで奥でなくアトリュウムでおこなったらよいのではないか。

・主催がどこか解らない。さきらがしっかりボラコミを使うべき。



<Mさん>

・準備不足の中、奇跡的にできた。

・ポスターがない等PR不足。



<Mさん>

・職員とのつなぎの部分の調整がうまく出来なかったかな。



<Nさん>

・ストーリーや「サキラー」があるとこにでいろんな事を判断していく時のたすけとなった。



<Nさん>

・今日の弦楽器体験WSにパレードをみて参加したという人がいた。


posted by 門脇篤 at 23:40| 滋賀 ☁| Comment(0) | ワンダーファクトリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。